Read Article

会社にいるときも商談の時も、頼まれごとにはプラス1で対応!仕事がどんどん舞い込む潤滑油に!

人は第一印象で持ったイメージと、セカンドアクションとのいい意味で違った印象のギャップが好意的に映る事がよくあります。

こわもての人を、恐い人だ。と話さず思っていて、いざ話してみるとすごく笑顔がかわいくてとってもいい人だったり。

細くてキャシャな子だと思っていた子と海にいったら以外とマッチョだったり。

普段はツンツンしているイライラな上司が困っている時に助けてくれた時、「なんだ案外いいひとじゃない」と感じたり。

そんな自分も、きっと第一印象と違う印象を与えられる人になる事も、いいテクニックだったりするはず。

誰もができるが多くの人がやっていない+1の事をする癖をつけるように心がける事がセカンドアクションスターになれるコツの様です。

スポンサーリンク

相手の立場に立って考えることで+1の思いやりはひらめく

例えば相手からの頼まれごとや依頼の時に、誰でもできるテクニックがあります。

相手の立場に立って考えることで、誰でも自分に置き換えて考えることができます。

そう、ただ単純に人にされて嬉しい事を人にしてあげればいいだけ。

この簡単な一手間を加えると、セカンドアクションはバッチリなのです。

小さい頃から教わってきた、ハサミを渡す時は刃を持って、持ち手を相手に向けて渡す。

これも立派な相手を思いやった行動。

相手の依頼やお願い事に対して、1つ相手の立場になることで、寄り添った関係を気づくきっかけに。

これが欲しい、あれをしてくれませんか?という頼まれごとや依頼ごとに、+1の事をすると次の依頼も増え、どんどん仕事がはいるようになる!

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをする場合下記フォームに入力ください

*
*
* (公開されません)

Return Top