Read Article

職場で冷たくておいしいアイスコーヒーを飲み続けたい!普通の氷と丸い氷で試してみた!

コーヒーにはさまざまな効果があり飲みすぎはよくないそうですが、

タイミングと量次第では、仕事に対する集中力が高まる事が知られています。

そんなコーヒー、アイスにして飲むには、冷やすか氷を入れるかしかありません。

会社でいつでもキャンキャンに冷えたコーヒーなんてあるわけないし(*´Д`)

いつもは通りすがりのセブンカフェで買っていくけど机に置いておくと2時間もすれば氷解けちゃうし( `ー´)ノ

はぁ(/o\)・・・何かいい方法は・・・

スポンサーリンク

アイスコーヒーをいつまでも冷たくおいしく飲み続けたい

相棒では特命係の部屋にコーヒーコーナーがあるように、会社でもコーヒーを入れる冷蔵庫があると思います。

毎回氷とアイスコーヒーを自分のカップにいれて、席まで運んで飲めばいいのですが、やっぱり水っぽくなったり。

こぼしたり(*´Д`)

愛用のマイコーヒーペットボトルを会社の冷蔵庫に入れるのもなんだか図々しい・・・

そうだ、タンブラーを試してみよう(*´▽`*)

保冷・保温に最適なステンレスマグを買ってみた

買ってみたのはこれ、ネスプレッソのタッチ トラベルマグ。

ネスプレッソ タッチ トラベルマグ

高級感あるステンレススチール製のトラベルマグ。2層構造なので高い保温性と断熱性を実現。

今は販売してないんですかねぇ・・(-“”-)

こちらでも代用できます。

これで、アイスコーヒーもいつでも冷たい状態で飲む事ができます!

って、ほんとうかなぁ・・・・(*´Д`)すぐに氷解けてみずっぽいコーヒーにならない??

ってことで、いろいろ研究してみる事にしますであります!( *´艸`)

アイスコーヒーは氷が決め手

一般家庭の冷蔵庫で作られる氷はちょっと台形の小さい四角い氷。

この氷、普段は大変お世話になっております。

家飲みでも、会社に持っていくタンブラーの中にも、お茶の水筒にもよく利用しますね。

でも、この小さい四角い氷はアイスコーヒーに入れると解けるのが早く、みずみずしくしてしまいます。

しかしこの丸い氷。

見たことありますね、おしゃれなバーでよくお酒に入っているアイツです。

この氷を使うだけで、溶けにくくておいしいアイスコーヒーがいつまでもいただけます。

なぜ丸い氷は溶けにくいの?

スーツマン考えました。

おそらく飴をなめる要領です。

この飴をいつか食べてみたい、貝殻なんかも食べられるそうです。

丸い飴を口の中で舐めているとなくなるのに時間がかかりますが、噛んで割ればなくなるのが早いですよね?

噛んで飴を割ると表面積が増えるので、溶かされる水分に、よりおおく接地するという事だと思います。

四角い氷は丸い氷に比べて、表面積が多いので、その分コーヒーに多く設置するという考えです。

どうやって丸い氷を作るの?

これは簡単です。これに水を入れて冷凍庫に入れるだけ。

スタッキングもできちゃうので、2個いっぺんに作ったりもできます。

取り出しも、蓋がシリコンになっているのでとっても簡単です( *´艸`)

アイスコーヒーに普通の氷と丸の氷を入れて違いをたしかめてみた

 

まずは氷を正確に一緒の量にするために、はかりでお皿のおもりを0にします。

そして、丸い氷が100gだったので普通の氷も100gに合わせます。

ちょうど、100gなんですね~(*´ω`*)

これをタンブラーに入れ、量りを0表示にしました。

お気に入りのアイスコーヒーを入れます!ぴったり230gになりました。

そして蓋を閉めていつも通り出勤します(*´ω`*)

出勤後、家で作って2~3時間後に、飲まずに溶け具合を確かめてみました。

わっ・・・・わからぬわぁいっ(/o\)

丸氷の方がうまく写真撮れませんでしたが、溶けておらず氷山のようにゴロンと浮いています。

最終的にコーヒーを飲み干した後

結果がこちら。

丸い氷の方が大きく残っているような・・・気がします。

タンブラーマグの力はすごい、経済的にも優秀

このブログで試したネスプレッソのタンブラーは容量345ml。

上の写真でもありましたが、氷と合わせて230g=230mlのアイスコーヒーを入れられます。

今まではセブンカフェで1杯100円の入れたてコーヒーを買っていました。

今は、ネスカフェの無糖アイスコーヒーをケースで買っています。

だいたい、amazonでケース1166円。(2017/09/14現在)

12本入りなので1本当たり97円です。

1本に900ml入っていますので、230mlに換算すると・・・

にっ・・・24.8円(*´▽`*)

ちなみにセブンイレブンのアイスコーヒーはレギュラー(100円)で、このタンブラーを使って入れてみたこともありますが、半分ちょいくらいで止まってしまいます。

容量は150mlだそうです。

毎日氷を作ったり、アイスコーヒーを冷やしておいたりする手間はあるものの、いつまでも冷たいアイスコーヒーを集中したいときに飲めるタンブラー。

さっそく試してみて下さい。

これで今日からあなたもスーパースーツマンっ(*´▽`*)

仕事がはかどり、日本経済が円滑になる事を期待して。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをする場合下記フォームに入力ください

*
*
* (公開されません)

Return Top